toggle
2021-07-06

梅雨の災害

平成30年7月豪雨を皆様は覚えていますか?

平成30年(2018年)の6月28日~7月8日に起きた災害のことです。通称、西日本豪雨。総降水量が四国地方で1800ミリ、東海地方で1200ミリを超えるところがあるなど、例年の月降水量を大幅に越える大雨となりました。九州、四国、中国、近畿、東海そして北海道地方と広い範囲における長時間の雨で各地の河川が決壊し、水害が発生しました。

今年の梅雨は皆様いかがお過ごしでしょうか?おうち時間で防災グッズの見直しをする方もいらっしゃったのではないでしょうか?

→以前ご紹介した防災グッズはこちらを参考ください。
→防災グッズにお金をかけたくないとお思いの方は是非こちらを参考ください

さて、3年が経つ西日本豪雨ですが、今は静岡の土砂崩れ、水害の被害が出ております。今、自分の地域ではないからと安心して、該当地域の方は大変だなぁと傍観しておりませんか?

自分たちの身を守るために始めること。今はひどくないから、コロナの対策として部屋の換気だけはしよう。とか、そんなのでもいいです。まずは関心を持って災害のニュースを見て、そこから自分の考えを持ちましょう。

自分の身を守るためには一つの準備・一つの考えが緊急時に冷静でいられるきっかけになる・・・カモです。

関連記事